奥胎内ヒュッテのマメ知識

奥胎内ヒュッテは、新潟県胎内市下荒沢字胎内山にある宿泊施設です。
秋季になると、紅葉などが見ごろになる事からも、このヒュッテに訪れる人は多くなります。

新潟には二王子岳と呼ばれる山が有ります。
この山は、新潟県新発田市にある山になるのですが、越後山脈の北部に位置しており、日本二百名山の一つになっている山です。

このに百名山と言うのは、百名山に加えて作れたもので、小説家、随筆家および登山家でもある有名人のファンがクラブを設立し、そのクラブの設立を記念して選定された日本の代表的な200の山の事を言います。
この山のふもと付近にあるのが、このヒュッテなのです。

二王子岳の麓には、胎内第一ダムがあり、その上流域にこのヒュッテが作られています。
ヒュッテがある辺りはハイキングや登山コースなどがあり、秋季になると紅葉を求める人が多く訪れます。

地図を見ると解りますが、途中までは国道53号線の道路が有りますが、このヒュッテがあるのは、国道53号線の終点に近い場所にあります。
国道53号はやがて林道に入りますので、一般の交通車両が通ることが出来ない山道に入るのです。

また、このヒュッテまでの足は、路線バスなどが有りませんので、タクシーやマイカーを利用していくことになるのです。
尚、このヒュッテでは送迎などのサービスを行っていませんので、自ら出かける必要が有ります。