自然豊かな新潟へ行こう

日本で5番目に広い面積を持つ新潟県は、変化に富んだ地形を持っており、季節によって様々な風景を見ることができます。
農家の方々はチューリップの栽培にも力を注いでいます。チューリップが日本に入ってきたのは19世紀半ばごろですが、本格的に栽培が始まったのは1919年(大正8年)、この県の中蒲原郡小合村(現在の新津市)からだといわれています。
オランダから輸入した球根によるチューリップ栽培は、昭和のはじめごろには全県に広がり、代表的な産業となり、球根の出荷量は日本一となっています。
この栽培は信濃川や阿賀野川下流域を中心に行われています。特に新潟市、新津市、五泉市などでさかんで春先になるとじゅうたんを敷いたように色鮮やかな田園風景を見ることができます。

この時期のドライブコースとして大変おすすめです。
冬には湯沢温泉が良いスポットです。
湯沢町は、谷川連峰をつらぬく清水トンネルを通じて関東地方とも結ばれ、温泉とスキーの町として栄えています。
しんしんと降り積もる雪が周囲の音を吸収して、静けさを作り出します。夜の闇に、無数の雪が舞おどる様子が、この土地をお訪れる人々の心を引きつけます。
川端康成の代表作「雪国」の舞台となったことでも有名です。
自然豊かな新潟は爽快なドライブができおすすめです。